ヤングケアラーのおはなし

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
最近、耳にすることが多くなってきた『 ヤングケアラー』という言葉。皆さん、ご存知ですか?今回は、ヤングケアラーについてお話したいと思います。

ヤングケアラーって何?

850731_s.jpg
年下のきょうだいのお世話をしていたり、障がいや病気のある親、祖父母などの介護をしていたり、大人の代わりに家事などをしている18才未満の子供のことを指しています。
面倒をみていたり、介護をしていることで学校へ通えなくなったり学業に支障がでるなど、進学や就職を諦めたりする場合もあります。介護やきょうだいのお世話がなくなった時、自分の生き方が分からなくなってしまったりすることもあります。

どのくらいいるの?

総務省が2012年に行なった調査によると、介護をしている15~29歳の若者は約17万7,600人いう数字がでています。ただし推計値であり、全国レベルでの正確な数はまだわかっていません。
そして、この推計値には14歳以下の小中学生は含まれていないため、まだまだ「ヤングケアラー」の人数はもっと多いのではないかと考えられています。そして、その多くの若者達が悩みを誰にも相談できず現状を変えることができないまま生活を送っています。

何ができる?

私達にできることは【知る】ことだと思います。そして、悩んでいる子がいたら手を差し伸べてあげてほしいです。相談する場所を教えるだけでも。
それだけでも、救われる人がいます。

相談先は?

・児童相談所相談専用ダイヤル
電話番号:0570-783-189(なやみいちはやく)

受付時間:24時間受付(年中無休) ※通話料はかかります

・24時間子供SOSダイヤル
電話番号:0120-0-78310(なやみいおう)
受付時間:24時間受付(年中無休) ※通話料無料
・子どもの人権110番
電話番号:0120-007-110
受付時間:平日8:30~17:15 ※通話料無料
土・日・祝日・年末年始は休み
上の連絡先や、お住まいの市区町村の役所に連絡や訪問してみると、詳しく教えてくれると思います。
介護関係なら、最寄りの地域包括支援センターに連絡することで力になってくれることと思います。
ヤングケアラーだけでなく、育児や家事、自分の状況がつらいなぁと思ったとき、誰かに話を聞いてもらうだけでも気持ちが変わります。自分を知っている人より、知らない人に聞いてもらうことで話しやすくもあると思います。1人で悩まないでくださいね。

コメント