離乳食の悩み

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

離乳食が進んでいくと、食べなかったり遊んだりして「なんで食べてくれないの!」「食べ物で遊ばないで~!」とか色々な悩みが出てくると思います😭
時間をかけて手間をかけて作ったのに、食べてくれないとショックだし、栄養面でも心配になってきますよね💦
今回はHIRAKOが離乳食を進めていった上で気をつけていたことや工夫など、お話していきますので参考にして頂けたらと思います😊あくまでもHIRAKOの経験上のお話で、専門的な知識がある訳ではありませんのでご承知おきください🙏



まず、大人の食事と違うのは【食べる練習】をしているというところだと思います🍚!「栄養がとれないからちゃんと食べさせなきゃ!」というのは、離乳食が終わったもう少し後の話で、離乳食の間は【楽しく食べること】を心がけていました😃
今まで母乳とミルクだけだったんですから、赤ちゃんだって戸惑いますよね😅
食べてくれないからと、ママが怒った顔をしたり悲しい顔をしていたら赤ちゃんも食べるのが嫌になっちゃいますね😭HIRAKOも最初はイライラしたりしていました😞人間ですから、常に笑ってるなんて無理です😂笑。
食べてくれない時
HIRAKOがやっていた方法はこちらです↓
①食材をスプーンの上にのせて「人参さんが○○ちゃんのお腹の中に行きたいって!」(声を変えて)『 ○○ちゃんに食べてほしいよ~!食べてくれる😢?』
②食材をスプーンの上にのせて「人参電車、発車しま~す!!!ガタンゴトン~♪」
③じゃあママ食べちゃお~っと!と言って、大人のスプーンで本当に食べる。「美味しい~!こんな美味しいのに食べないの?もったいない!」と少しオーバーに。

うちの子達がだまされやすいのか?笑。意外と食べてくれてました😊
3歳、4歳になった今は食卓にでたものは1つ食べることを約束しています。どうしても食べたくない時は小さくして、でも必ず口に入れて食べれたらいっぱい褒めてあげてます😃そうすると、かーくんはどや顔で「かっこいいでしょ~♪(´ε` )」と威張っています笑。
あとは、手掴みの時期に離乳食をあげるときは、レジャーシートをひいて汚れても大丈夫な準備をしておくと、汚れても意外と我慢できます😃手づかみ食べは、成長に大事なことで食べ物の感触を確かめているようです。だから、なるべく怒らずに手づかみ食べをさせてあげるといいと思います😊…納豆など拭いてもすぐに落ちない食べ物は、お風呂の前の食事時間にあげるとストレスフリーだと思います!
食べてくれないと心配ですが、決して周りと比べずに体重が減ってなければ良しとしましょう😃
今悩んでる方が、少しでも楽しい食事ができますように(。-人-。)
HIRAKOでした🙇画像は頑張って作った節分のキャラプレートです^^
DSC_0047_6.JPG

コメント