【朝ごはん】食べる?食べない? 食べるメリットを調べてみた!


『朝ごはんはしっかり食べなきゃいけない』


と、なんとなくは分かっていても忙しい朝...。

簡単に済ませてしてしまったり、そもそも何故食べた方が良いのか理由をしっかりと知っている方って少ないと思います。



私も、漠然と『食べなきゃ』と考えていました。

そして子供達には朝ごはんを食べてもらいますが、私自身は食べていません。

今回は、私のような朝ごはんを食べていない方や特にお子さんに朝ごはんを食べてほしい理由などを調べてみましたので、読んでもらえたら嬉しいです!


※注※
私は、栄養学や専門的な知識がある訳ではありません。あくまでも自分なりに調べ勉強した内容になります。


朝ごはんを食べない人は○%?!食べないとどうなる?


朝ごはんを食べない【朝食欠食】の方は全年代で約15~20%ほどいるんですね。年々増加傾向にあるようです。

そして、注意してもらいたいのが子供の朝食欠食も増えているというデータもあがっているんです。


朝ごはんを食べないと...。



大人
朝からイライラすることが多かったり集中できない


子供
注意力散漫になってしまったり、活動や授業に集中できない




という理由から、朝ご飯はしっかり食べた方が良いということが分かりますね。



朝ごはんの役割って何?メリットばかりの朝ご飯!

4811209_s.jpg

上記で、朝ご飯を食べないとどうなってしまうのかが分かりましたね。


次は朝ごはんの役割をみていきましょう!


朝ごはんには、



・体の目覚まし


・体温をあげる


・脳のエネルギーを作る


・便秘予防



という役割があります。

重要な役割ばかりですね!

どうしたら脳の機能を最大限に引き出せる?


朝ごはんの中で1番重要な役割をしてくれるのはブドウ糖です。

ブドウ糖は主食を消化する時に作られるものになります。


パンより白米の方が血糖値がゆっくりとあがっていくので、朝は白米がおすすめです。

「じゃあ主食(ごはん)だけ食べれば良いの?」というと...そうではないんです。


シナプスという脳の神経細胞の間をつないでいる部分がしっかりと働くためには、おかずを一緒に摂ることで脳の機能を最大限に働かせることができるのです。


主食 + おかず を食べることが大事なんですね!



忙しい朝でもOK!簡単に準備できるアイデア


①「頭では、分かっていても朝は忙しいんだからそんな時間ないよ!」


②『うちの子、朝はなかなか食べてくれないんだよね。。。』


という方に!
簡単にできるレシピや食べてくれそうなアイデアなどを紹介していきたいと思います!



①の方へ オススメのレシピ、アイデア


・そのまま食べられるもの、火が通りやすいものを使う。

果物や納豆、豆腐、生野菜、ウインナーやハムなどを使うと時短になります!
みそ玉や希釈タイプの味噌を活用しても良いでしょう。

・作り置きしておいたり、夕飯の余り、冷凍ものをうまく使う。
卵焼きも毎朝焼くのはめんどくさい!という方は片栗粉をいれて焼くと冷凍も可能になりますよ!

・ワンプレートにする。



②の方へ オススメのレシピ、アイデア


・おじややチャーハン、おにぎりなどにしてみる。

・前日の夕飯の量を少なめにしてみる。

・起きてから少し時間を開けてみる。

・子供と同じものを親も一緒に食べてみる。


お子さんによって、こだわりポイントや食べない原因が様々だと思いますが少しでも役にたてたら嬉しいです。



20210521_181610_0000.png

朝ごはんを食べないと、日中の生活に支障がでることもある!


主食だけじゃなくて、おかずを一緒にたべると、効果を充分に発揮できる!


無理しなくて良い!


色々工夫したり、生活スタイルに合うものを試してみる。










管理栄養士さんが考えたメニューが食べられる宅配の食事はこちら


こだわり野菜が届く食材宅配はこちら


無添加!手作りのお惣菜やおかずが届くのはこちら

この記事へのコメント