テレビやスマホのおはなし📺

こんにちは☀HIRAKOです🐣


テレビやスマホの見せすぎには気を付けましょう!と雑誌やニュース、支援センターや健診の時に嫌というほど言われますよね...。でも、毎日忙しく家事や育児をしているお母さん、お父さん。少しでいいから家事を進めさせて~!とか今は静かにしていてほしい!等どうしても頼ってしまう時ってあると思います

私は、上手く使いながら子育てをしていければ良いかなぁと思いますただ、上手く使っていく上ではちゃんと知っておくことが必要だと思いますので、今回はテレビやスマホについて書かせていただきます





なぜスマホの使い過ぎはいけないの?

3213091_s.jpg
WHO(世界保健機関)から2019年に子供への過度なスマホの使用を警告、ガイドラインが提示されました。その内容は「2歳~歳の幼児には1時間以上の使用を辞めさせること。また、1歳児には画面を絶対に見せない。」という、内容が書かれています。中々、厳しい内容が書かれていますね...。

理由を見ていくと、スマホの画面を見ているときには前頭前野への血流が下がってしまい、これが脳の発達を妨げていく原因とされています。使っている時間が長くなるほど、学習能力や思考力が低下していく、ということになります。それだけではなく、こんなところにも影響がでてくるとされています。


・親とのコミュニケーションの時間が減る

・本をめくる等ができなくなる

・言葉の発達が遅れやすい

・近視になりやすい

・姿勢が悪くなる

・汚い言葉を覚える

色々、気になる影響ばかりですね

 

逆転の発想!メリットに変えよう!

上記では使いすぎによる影響をお伝えしていきました。今度は、逆転の発想で悪影響と言われていることをメリットに変えちゃいましょう!!

・親とのコミュニケーションの時間が減る
 →一緒に使うことでコミュニケーションの時間は減らない!

・本をめくる等ができなくなる
 →絵本やノートなども一緒に使っていくことでできなくならない!

・言葉の発達が遅れやすい、汚い言葉を覚える
 →コミュニケーションはそのままなので、両親が使わない言葉を知る機会が増える!子供の【好き】はすごい!


~その他メリット~

・英語にもふれさせられる。
 →学習用のアプリや動画には、ネイティブな発音がたくさん!こればっかりは、HIRAKOは教えられないので

・好きを深掘りできる。
 →子供の好きなこと、もの、好奇心にその場でこたえることができます!


どう使っていけば良いの?

4329112_s.jpg


・時間を決める
各家庭にそれぞれ1日の流れがあると思います。1日1時間を目安にお父さん・お母さんで相談して使用時間を決めると良いですねしっかり相談して決めておくことで、見せたくないタイミングなども共有することができるので夫婦ゲンカの原因も無くせるかもしれないですね


HIRAKO家では...
Youtubeは歯磨きの時間と外食の時に子供が食べ終わって大人が食べている時間、テレビの時間は多くなってしまいますが、食事の時には必ず消す。というのを守っています。タブレットで知育ゲームなどやる時もありますが、なるべく隣にいるようにしたり、キッチンタイマーを使って鳴った時にやっているものが終わったら辞める。ということを約束しています。子供達も守っていて、たまに「まだやりたい!」と言いますが今のところ、しっかりと守ってくれています。


・見る時の姿勢に気を付ける
・目と画面の距離に気を付ける
大人でも、テレビやスマホを見ているときって猫背になってしまったりしますよね。スマホ・タブレットを見る時には、手で持たずにスタンドを使用すると目と画面の距離が保てますね。またテレビを見ていると、知らない間に近くに移動していることがありますので、こまめに声かけをしてあげましょう。


HIRAKO家では...
かーくんはよくアゴが前にでて、口が開いたままテレビを見ていることがあります。その時には、しっかり座れるよう声かけをしています。口が開いていることも最初は自覚がなかったようですが、最近では「口開いてるよ~」というと、「へへっ」と少し照れて閉じるように自分でも気を付けるようになってきました。距離については、床にマスキングテープを貼りここからは入らないよ~と分かりやすく伝えるなどしています。


・見る内容や使うアプリを選ぶ
Youtubeには、見せたくない内容や言葉遣いがあまり良くない動画も多く公開されています。また「エルサゲート」といわれている、最初は子供用の動画なのに残虐な内容に切り替わっていく悪質な動画も公開されています。子供のトラウマにもなる可能性もあります。見る動画の内容にも、気をつけていきましょう!


HIRAKO家では...
Youtubeを見る時は隣にいるようにして、なるべく一緒に見るようにしています。また、Chromecastを使ってテレビで見れるようにしていて子供が動画を選ぶのではなく、私がスマホで動画を選びテレビに転送する方法をとっています。テレビによっては、ネットと繋がっている機種もあるのでわざわざ機器を買わなくてもいいですね。ゲーム機で見れる場合もありますので、お家の状況に合わせて環境を整えてみるのもいいですね。

↓Chromecast

↓Fire TV Stick

 


場面別 乗り越えアイデア

チャイルドシートが苦手で座る時や走っている時に泣いてしまう子、スーパーのカートが苦手で泣いてしまう子、お子さんによって苦手な場面が様々だと思います。お話ができない内は、おもちゃなどで気を紛らわせるのが良いと思います。お話ができるようになってきたら、スーパーではクイズをしながら買い物をしたり「このお野菜の名前な~んだ!」や「今日は○○を買うから、覚えておいてね!」などと遊びながら買い物を楽しんだり、チャイルドシートに座る時には少し抱っこしてから座るお約束をしてみたり、1粒づつだせるラムネなどのお菓子をカバンに忍ばせておいて、1個食べる?と必殺お菓子攻撃!乗ってくれたら、あとは外の景色を見ながら交通ルールのクイズや少し大きくなってきたら、何色の車を探してみて!と数を数えるクイズなど、親子の時間を楽しみましょう

 

いかがでしたか?身近にあるテレビやスマートフォン、上手に使って楽しく暮らしましょう😊✨読んでいただき、ありがとうございました😊

この記事へのコメント